オカメインコ

オカメインコの種類

オカメインコの値段や種類について素人愛好家の本音をぶっちゃけてみるw

    ※この記事には、オカメインコの種類別の具体的な値段は出てきません。     オカメインコの値段と種類について思うこといろいろ【毒舌注意】 私が初めてオカメインコ(ノーマル)に出会った(実家でオカメを飼った...
オカメインコの餌

【オカメインコと野菜】青菜は何を与える?豆苗はあげない個人的見解

小鳥の健康のために青菜を与えることはとても大事です。 そこに含まれるβカロテンはビタミンAの材料なので 抵抗力や免疫力アップに貢献してくれることで感染症の予防になりますし、皮膚の乾燥が減ることで、毛引き症の予防にもなります。 ...
オカメインコの習性・特徴

【オカメインコの迷子】逃げた!脱走したルチノーの仰天サバイバル劇

60キロのはるかかなたへ逃げたオカメインコが6日後に飼い主と再会した話 ずいぶん前にツイッターのHN:親鳥さんから聞いたオカメインコの仰天サバイバル劇を、ここにそのまま書きます。 オカメインコ(ルチノー男子)が逃げて迷子...
オカメインコの種類

【オカメインコルチノー】寿命とハゲに関する黒歴史!?なお話

オカメインコルチノーの黒い歴史!? タイトルが大風呂敷ですm(_ _)m 黒歴史なんて言うほどオーバーな話ではないんですが。 1990年代にオカメインコブームが到来したとき、日本にはルチノーがたくさん輸入されてきたのです...
オカメインコの雛

【オカメインコの雛の成長】羽ばたきと体重減少は一人餌にステップアップするサイン

こちらの記事↑ の続きで、うちで生まれたオカメ雛の一般的なケースを紹介しますね。 うちのオカメインコの雛は 生後3週目を過ぎた頃には体重が110~120グラムくらいまで成長し、その頃から羽ばたきの練習が始まります。 ヒナ...
オカメインコの雛

オカメインコの雛が餌を食べない!元気がいい時考えられる2つの理由

オカメインコは雛から育てると、飼い主にもよくなついてくれます。 雛のうちは挿し餌といって人の手から餌を与えますが、時折「雛が餌を食べてくれない」という心配の声を聞きます。 飼い主さんが挿し餌初心者の場合は餌の温度が低すぎるなどの...
オカメインコの種類

オカメインコのアルビノ?ホワイトフェイスルチノーとスノーホワイト(ホワイトフェイスクリアパイド) 真っ白いオカメインコの種類

くちばしの周りがごはんまみれで美人が台無しな一枚↑ですが、これはまだ挿し餌を卒業できてなかったころのうちの姫です^^; 生まれたての姫がこちら↓ オカメインコの両親が持つ遺伝子と遺伝の法則を知っていれば 生まれたての...
オカメインコの種類

【オカメインコの種類】パイド パールパイド シナモンパールパイド

この子達↑はホワイトフェイスシナモンパールパイド、2羽とも女の子で、パイドとパールが両方入っている種類です。 「パイド」はまだらな模様のこと。 グレーやシナモン色の部分がランダムに抜けてぶち模様になったり、パイド模様自体が全然入...
オカメインコの問題行動

【オカメインコのしつけ】初めの一歩は放鳥時の合図を覚えさせること!

オカメインコのしつけは中雛期がベスト オカメインコを手乗りにするには、生まれて間もない幼雛を挿し餌して育てる方法と ある程度育った中ビナでお迎えして育てる方法があります。 人の手からご飯を食べさせてもらって育ったオカメな...
オカメインコの習性・特徴

【オカメインコがなつきすぎ】なつくなつかないの育て方の違いは何?

オカメインコは気が小さくて臆病な性格をしていますが、一度人との信頼関係が築けると「なつきすぎ!」と思うくらいベタベタになつく鳥です。 信頼関係を築くためには段階を踏むことと時間をかけることが必要ですから、飼い主さんは焦らず、じっくり時...
オカメインコの種類

【オカメインコの種類おすすめ】ブリーダー兼オカメ大好き愛好家が独断と偏見でおすすめ種類を選んでみた!

よくある質問「オカメインコはどの種類がオススメですか?」 「どの品種がおススメですか?」などの質問をいただくことが時々ありますが、そんな時、心中ではひそかにこう叫んでいます。 全部おすすめ!甲乙なんてつけられないよ~! ...
オカメインコの餌

【ネクトンbio】ネクトンバイオの効果と誤解!黒くなってもカビじゃない!ネクトンの正しい保存法

オカメインコの換羽期に活躍するネクトンbioバイオ 換羽期の小鳥は、オカメインコに限らず体調が安定しないことがよくあります。毛艶が悪くなったり、少し元気がなくなったり、イライラして不機嫌になったりが往々にしてあります。 ...
オカメインコの病気と健康管理

【オカメインコの毛引き症】毛引きの原因 早期発見の観察と対処法

インコやオウムが自分の羽をくちばしで引き抜いてしまう『毛引き症』ここでいうところの毛引きは鳥の自損行為を指します。 ある日、ケージの底に落ちている羽と、止まり木の上でボロボロになった愛鳥を発見し、悩まれる飼い主さんは少なくありません。...