シェアする




【オカメインコの病気】突然死の死因の多くは急性心不全!とあるオカメの心疾患闘病記

小鳥の心疾患の診断は難しい!

オカメインコの病気

小鳥も人間と同様に、循環器(心臓)の病気があり、小鳥の心疾患は聴診やレントゲン検査、超音波検査、心電図などで診断されます。

実は飼い鳥の心疾患は専門家でも未だよくわからないことが多い分野です。

鳥ですから専門に診てくれる病院が少ないだけでなく、患者さんの臨床例でも心疾患の報告はとても少ないんですよね。

お星様になってから病理解剖で心疾患だった診断が下ることが多い、つまり生前の心疾患の診断は難しいということです。

小鳥の心疾患は肥満だけが原因というわけではなく、皮膚からの細菌感染もあるということです。

また、心臓が悪いことに気づかずにいるところに運動やストレスなどがかかると突然死するケースも少なくないのです。
 

感染性心不全は若い鳥に多いのですが、心不全自体は加齢と共に増加します。高齢のブンチョウやラブバードに多い傾向があります。

心疾患の症状は ①突然死 ②運動不耐性(安静時は正常だが、運動後 特に飛翔後に呼吸促迫や疲れ、虚脱の症状) ③呼吸困難 ④腹水 ⑤咳 ⑥頸静脈怒張(頸静脈が膨らんだ状態)など。

※鳥の場合、X線検査をしても心臓の形から心疾患を識別するのは難しい。

 
心不全の診断が下されたオカメインコ・ふくちゃんのこれまでの治療や経過、日常生活で気をつけていることなどを、飼い主のぴよこさんから寄稿していただきました。

とても勉強になりますので、読んでみてください。

 

オカメインコの右肩が上がったままの状態に。病院の診断は心不全

オカメインコの病気

我が家はとてもにぎやかでオカメインコ2羽、セキセイインコ4羽と生活しています。

今回は、そのオカメインコ6歳のシナモンパイド・メス、ふくちゃんの闘病生活についてです。

ある日の放鳥タイムで皆を遊ばせていた時に、私はふくちゃんの異変に気がつきました。

右肩が上にあがってる状態…。直前まで飛んでいたので、

羽を脱臼でもしたのかな??
 
・・・と思いました。

それにしては本人も痛がってはいないし、食欲もあり、いたって元気な状態。右肩が少し気になってるような感じはありましたが、しばらくケージで安静にさせて様子を見ようと思いました。

しかし、それから3日たってもふくちゃんの右肩があがったままです。

なにか嫌な予感がしたので、お世話になっている小鳥のセンタークリニックへ、ふくちゃんを連れて行きました。

すぐにレントゲン撮影をされ、心音や呼吸音の診察をしたとき、ドクターからこう言われました。

ドクター
この子は飛ばしちゃ絶対ダメだよ!

見せられたレントゲン写真の、あまりにも大きく肥大した心臓に私は絶句しました。

ドクター
この子は心不全だよ。
次飛ばせたら急死することもあるからね。
肩が上がっているのは心臓が肥大して まわりの神経を圧迫してるからなんだよ。

思ってもみなかった まさかの診断です。

ドクター
それにしてもよく気がついたね。
あと一歩遅かったら危なかったよ。

ドクターの聴診器で、ふくちゃんの心音を聞かせてもらったところ、トントントントンと聞こえるはずの鼓動が、トントン……何秒か止まり、またトントン…また止まり…の繰り返しでした。

本当にこの段階で異変に気づけて、不幸中の幸いでした。

ドクター
この肩があがった状態が、まさか病気と気づく飼い主さんは少ないよ。

とりあえず病名がわかり一安心ではありますが、心不全だなんて・・・。

ひとまずこれ以上心臓に負担がかからないように治療方法と今後を ドクターと相談しました。
 
 
 
スポンサーリンク



 
 

 

心臓に負担をかけない生活と闘病生活の始まり

オカメインコの病気

心臓に負担を掛けてはいけないので、まずはふくちゃんが飛べないように翼をクリッピングしました。

さらに毎日、朝晩の降圧剤の投与があります。

その降圧剤は一度でも投与し忘れると 鳥が亡くなってしまうということで、私にとって責任重大な課題です。

ふくちゃんの心臓をこれ以上悪化させないための重要任務!まず私は毎日アラームをつけ 投薬を絶対に忘れないようにしました。

さらに放鳥したときにふくちゃんが急に飛び立とうとしないよう細心の注意を払うため、常に私が目の前にいる状態でケージから出したり、ストレスがたまらないように遊んであげる工夫しました。

小鳥の病院からは食事にも指導が入っていました。

ドクター
オカメインコのフードにひまわりの種が入っていたら、極力抜いて与えるように。

病院の受診から数日後、ふくちゃんに投薬の効果が現れ始め、右肩も元の位置に戻ってきました。

次のセンタークリニックの診察の時にも心音を聞かせてもらったのですが、多少乱れてはいたもののしっかり鼓動は聞こえていて、前回との違いがはっきりわかり、治療効果が上がったことを実感できました。

ドクターからは

ドクター
このままの治療を続けていきましょう
 
・・・と言われました。

このときに体重を計ったのですが、何故か83gから92gまで増加していました。

ドクターによると、これは羽をクリッピングしたせいで飛べなくなってしまったから、鳥の胸にある一番大きな筋肉を使わなくなってしまったためだということでした。

ドクター
体重増加も心臓に負担がかかるから、今後は体重管理もしっかりしていきましょう。
 
・・・ということで シードからペレットを中心とした食事に移行し、今度はダイエットも意識しながらの闘病生活を続けていくことになりました。

そして再度、病院の診察へ。

前回増えていた体重は85g程度まで減量でき、心音も落ち着いた状態で さらに快方に向かっているのがわかりました。

  

ふくちゃんの治療にとことん付き合っていく!

オカメインコの病気

最近のふくちゃんは少しずつ羽も延びてきてジャンプ程度に飛べる?ようになり 無理のない範囲で動く時間を増やしていっています。

この投薬治療を初めて 早10カ月。今でもふくちゃんを思いきり飛ばせてあげることは出来ませんが、少しなら飛んでも肩も上がらない程度にまでになりました。

投薬治療は薬代(降圧剤3本・1本で1週間分ほど)だけで7200円ほどかかります。

決して安いものではありませんし、診察があるとあわせて1万円強の治療費ですが、ふくちゃんの命には替えられないので 苦だとは思っていません。

私の自宅から小鳥の病院が遠いので 降圧剤は3本目をあけたらすぐ病院に電話をして郵送してもらっています。その病院側の配慮がとてもありがたく、そのおかげもあって 今までふくちゃんとの二人三脚ががんばれたのです。
 
これだけ毎日投薬を続けているとふくちゃんもそれが毎日の日課だと認識してくれたらしく、自ら口をあけて 飲みたくもないお薬を我慢して飲んでくれるようになりました。

また羽が伸びてきてしまうと どうしても習性上飛んでしまうので、先日もまたクリッピングしてきました。

初めの3か月間は症状が落ち着くまで月1ペースで通院していましたが、今は2ヶ月に1度のペースになりました。

残念ながら完治することはないのですが、ふくちゃんはドクターに

シャーッ!!
 
・・・と威嚇するほど元気です(笑)

ふくちゃんの心臓がいつまでもつかは分かりませんが、大切な家族であるふくちゃんの治療に 私はとことん付き合っていきます。
 
 
スポンサーリンク