シェアする




【オカメインコの雛の成長】羽ばたきと体重減少は一人餌にステップアップするサイン

おかめいんこ 放鳥
オカメインコは雛から育てると、飼い主にもよくなついてくれます。 雛のうちは挿し餌といって人の手から餌を与えますが、時折「雛が餌を食べて...

こちらの記事↑ の続きで、うちで生まれたオカメ雛の一般的なケースを紹介しますね。

うちのオカメインコの雛は 生後3週目を過ぎた頃には体重が110~120グラムくらいまで成長し、その頃から羽ばたきの練習が始まります。

ヒナヒナ時代なので まだ加温した飼育ケースの中で暮らしていますが、そこでも所狭しと羽ばたくので床材が飛び散ったりして 一緒にいる子も(お互い様なんだけど)ちょっと大変です。

この頃になると餌を食べる量が急に少なくなり、100グラム超えの体重が100グラムを切るか切らないか位まで落ちてきます。そして概ね10%強の体重が落ちた頃に 初飛行するパターンが多いです。

初飛行をする時期になってくると、こんな感じで↓

オカメインコの雛の成長

虚空を見つめるそぶりを頻繁に見せるようになり、そしてある日、「すわーっ」と飛び立つんです。

まあ、初めての飛行は飛距離も短くてずっこけたりして床にべたっと落ちたりとか、カーテンレールの上まで飛べたのはいいけど自分で降りてこられなくなったりとか・・・とにかくいろんな意味でへたくそですけどね(笑)

オカメインコの雛も、餌を食べる量が減ることと飛び立つことにエネルギーを使うこともあって、初飛行するこの時期の体重はかくんと減るものなのです。ですからこれはまったく心配のいらない、健全なる体重減少のパターンです。

毎日体重測定の推移を見守っている飼い主さん的には「体重減っちゃって、大丈夫なの?」と心配になるとは思いますが、成長過程で一時的に体重が減るのが当たり前なので、うちの子の動きが活発で元気いっぱいなら 心配は要らないでしょう。
 
オカメインコの雛の成長 
 
うちでは生後4週くらいで自分の翼で飛び立ったころから一人餌の練習を始めて、生後1か月半から2か月になる前に、挿し餌を卒業して一人餌にさせています。

早い子だと生後45日ほどで一人餌になり、挿し餌は完全卒業しています。もちろん個体差はありますが、遅い子でも2ヶ月を少し過ぎたくらいで一人餌卒業です。

一人餌を卒業しても、ほかに挿し餌中のちびっ子がいたりすると「僕も~!」「私も食べる~!」とおねだりして 生まれて間もないちびっ子と一緒になって挿し餌を食べてる子もいますよ。

食べたがって騒いでいるから (本当はいつまでも濡れ餌を食べさせるのはよくないとわかっていても) つい食べさせちゃったりするんですけど、それでその子たちが赤ちゃん返りして、自分で餌を食べなくなるということはないですよ。単に甘えたいだけみたいですね。
 
 
というわけで、生後1ヶ月前後のオカメ雛の体調に特に気になることが見られない状態で 飼い主さんが体重減少を気にしているとき、雛が元気に羽ばたきをし始めて目がキラキラしているのなら、心配いらないかも知れませんよ…という話でした。

そのオカメインコは おそらく独り立ちする時期に来ているんだと思います。うちの子の巣立ちの初めの一歩を見守ってあげましょう。

どうしても体重減少が気になる場合は早めに動物病院を受診して、異常や病気がないことを確かめましょう。
 
 
スポンサーリンク