シェアする




【オカメインコの迷子】逃げた!脱走したルチノーの仰天サバイバル劇

オカメインコルチノーが逃げた

60キロのはるかかなたへ逃げたオカメインコが6日後に飼い主と再会した話

オカメインコ 迷子

ずいぶん前にツイッターのHN:親鳥さんから聞いたオカメインコの仰天サバイバル劇を、ここにそのまま書きます。

オカメインコ(ルチノー男子)が逃げて迷子になったのですが 6日後に保護され、飼い主である親鳥さんと再会を果たしたというお話です。

驚くべきはその飛距離・・・なんと約60キロ

((((((ノ゚⊿゚)ノ

オカメインコは一見おっとりのんびりしているように見えて、実は飛ばしたらすごい鳥なんですね。

「オーストラリア最速の鳥」と書かれている本もあるのですが、実際はオーストラリアでの最速の鳥ではありません。

オーストラリアにはハヤブサが生息していて これが鳥類最速と言われていますので ここでまず「最速」という表現は却下。

日本では「最速の鳥」と和訳されたのですが 正確に翻訳すれば「最速の鳥のひとつ」が正しいです。

確かに速さはトップレベルに違いありませんが ハヤブサの飛行速度は時速64~88キロくらい。

オカメは時速50.4キロ。なので、ちょっと…いやだいぶ負けてますね^^;

しかしながらこの数字を見る限りでは 約60キロ離れたところから発見されるというのも あながち信じられないことはないことがわかります。
 
 
 
スポンサーリンク


 
 
 

テントウムシを食べて「猛禽オカメ」に変貌していた!?

確かに飛ぶのは早いですが、オカメインコは被食な立場の か弱い小鳥。

外界に放たれれば カラスなどの外敵に見つかる危険性が高いですし 運よく逃げ延びたとしても 自力で水や食料を得られなければ、生存率は限りなく低い。

しかも親鳥さんのオカメインコはルチノー男子。

オカメインコ 迷子

ルチノー種は 全身が白色からクリーム黄色ですからね。

尾までの長さは30センチ余りの オウム科の最小種です(名前はインコとありますが、オウムです)

しかも、ルチノー男子はオレンジ色のほっぺが際立つイケメン多し。

どこを飛んでいても、目立つことこの上なし。

自然界に溶け込む保護色ではありませんから、どこにいても目立ちます。

運よくカラスなどの外敵に見つからなかった? それとも何とか逃げ切れた?

どんな運が彼に味方したのかはわかりませんが、とにかく6日間生き延びたサバイバル劇は奇跡的です。

すぐに親切な人に保護されて、6日間どこかでお世話になっていたのではないんです。

なので自力でサバイバル生活を送っていたに違いありません。

親鳥さん曰く 
 
帰宅したら猛禽オカメになっていた!

過酷な状況下を生き抜いてきたのですから、確かにそのワイルドさは 想像を絶するのかも (;^_^A アセアセ・・・

帰宅時に体重が激減していたそうです。

106g→ 76g・・・1週間弱で30グラムも(ToT)

さらにこのオカメインコ、虫を食べるようになったのだとか。

テントウ虫とか 

(;^_^A アセアセ・・・

親鳥さん曰く 
 
(虫の)殻は、私の顔にくっつけますがwww

生き抜いてこれたのだから、殻を顔にくっつけるくらいオーライ^^;

必死になって、獲れるものを何でも獲って食べなければ 生き延びることはできなかったんでしょう。

虫を食べようが猛禽化しようが 全然OKだよ!と思います。

実際には オーストラリアの野生のオカメは何でも食べてますから 虫を食べることは別にめずらしいことではないですしね。

それよりもよくがんばったね!って、いっぱいほめてあげたい!
  
 
 
スポンサーリンク


 
 
 

ネットの情報拡散&収集力、ツイッター恐るべし!

オカメインコ 迷子

この逃げてしまったオカメインコ。横浜から はるばる三崎まで飛んでいたのでした。

保護の連絡を受けた親鳥さんは 車を飛ばしてすぐにお迎えに行ったそうです。

三浦半島最南端の海の見えるヨットハ―バ―近く。

周囲には民家がなく、老人ホ―ムだけがぽつりとある場所で保護されました。

景色がとても良いところで、外敵はいそうだったけれど たまたま会わなかったか運よく逃げ切れたか…と 親鳥さんは思ったそうです。

保護先で「餌食べてますよ」と聞かされていましたが、与えられていたのは鳩の餌 

(((( ;゚д゚))))アワワワワ

保護先ではヒエを数粒食べた痕跡があるだけだったので もしかしてお迎えがもう少し遅れたら、せっかく保護されたのに餓死してたかも…とおっしゃってました。

いずれにしても。再会を果たせたなんてすばらしい!!

想像しただけで、涙が出そうになる ええ話や!(^^)!

このオカメインコは、本当に強運の持ち主ですよね。

逃げたオカメインコを探している間、親鳥さんの元には、それらしい子が南下しているようだと 目撃情報がツイッターから入っていたそうです。

すごいなあ。ツイッターやSNSの情報拡散力、恐るべし。
 
 
迷子のうちの子を探している人は 近隣にチラシを貼るだけでなく、ネットを積極的に使われるのが良いですね。

うまく活用することができれば、情報収集力・拡散力が段違いです。
 
 

2年ぶりに帰還したオカメインコの話。オカメインコが逃げてもあきらめないで!

オカメインコ 迷子

オカメインコは高速飛行するので、びっくりするほど遠方で発見されても 何ら不思議はないです。

手乗り鳥であれば、近場で親切な人に発見されて 保護してもらっている可能性もありますから 生き別れてしまっても、また再会できる可能性はあります。

こんなツイート↓ もありますし。


 
 
なので、迷子鳥をお探しの飼い主さん、ネバーギブアップ!
 
あきらめないで!(・・・真矢みき風に言ってみたw)
 
 
スポンサーリンク