シェアする




【オカメインコの怪我】爪切りやオカメパニックによる怪我で出血したときの対処法

オカメインコの習性

オカメインコに爪切りは必要?頻度は?病院ではいくらかかる?

オカメインコの怪我
 
オカメインコの爪切りの頻度を気にされる方が多いですが、伸びたときに切るという認識でいいと思います。

通常は爪がそんなに急激に伸びることはないですし(病的に伸びるようなら病気の可能性もあるので すぐ病院を受診したほうがいいです) 普通は自分で噛んだり、止まり木が自然木であれば、自然に擦れてとがれたりするものです。
 
オカメインコの怪我
 
うちのご長寿組を見ても、今まで一度も爪切りをしたことがない子も何羽かいるんですよ。自分で全部処理しているのでしょう。

一見、あまり爪が伸びていないように見えても、放鳥していて衣類に引っかかったり、歩くときにちょっと不便さが気になるという場合は ほんの少し爪を切ってあげたほうがいいでしょう。

爪切りは概ねひと月に1回程度といわれていますが、定期的に切らなくちゃ!というほど神経質になる必要はないのです。爪の伸びはその子の体質によるところも大きいですから、飼い主さんが臨機応変に対応しましょう。

ただ、爪切りで深爪すると流血沙汰になりますので、爪を切るときには細心の注意が必要です。

オカメインコに限らず飼い鳥には爪切りが必要 オカメインコの爪は小さいけれど、飛び立つときにはスパイク、着地するときはストッパーの役目を...

爪切りでは確実に鳥を保定する必要がありますし、保定は一見簡単そうに見えますが 実は慣れてないと難しい技術です。

飼い鳥の保定、チョークこそ正当技! 正しい保定法   獣医師や動物看護師が診療時に動物を抱いたり、押さえたりして動きを抑制すること...

飼い主さんが自分で鳥の爪を切るのが怖いなら、爪切りは動物病院で500~1000円程度でやってもらえますので、病院にお願いしてみたほうがいいでしょう。
 

オカメインコに安全な爪切りのやり方と深爪したときの対処法

オカメインコの怪我

爪を切りすぎて出血してしまったら、市販の止血剤(クイックストップなど)を使って止血しましょう。 
 
とはいえ、家庭には止血剤がないことがほとんどですから、そのときは片栗粉で代用できます。ギュッと押さえての応急処置で、とりあえず出血が止まれば大丈夫です。心配な場合は後で病院を受診してください。
 
線香などで焼いて止血をする方法もありますが、やけどの恐れや煙の吸引が危険なので、慣れていない人にはあまりおすすめできません。

    雛からお迎えすることによって、本当にベッタリと人に懐いてくれる小さな小さな可愛い家族、オカメインコ。犬・ネコなどのメジャ...

 

 

オカメインコの外傷による出血の対処法

オカメインコの怪我

オカメインコは臆病な性格上、物音や衝撃でパニックになったりすることが多々あります。

「オカメパニック」という言葉があるくらい、それは頻繁に起こります。

オカメパニックでケージの中で暴れて オカメインコの爪が折れたり、翼から出血してしまったりという経験はありませんか?

外傷での出血がにじむ程度でほんの少しならともかく、爪切りの時に出血させてしまった時と同じ対応をするのは適切ではないです。なぜなら外傷の場合は裂傷の恐れがあるので、そういった場合は縫合などの外科的処置が必要になってくることもあるからです。

また、外傷で動脈を傷付けてしまっていたり、傷口からばい菌が入ったりして感染症になる恐れもあります。

オカメインコが怪我をしたときには滅菌ガーゼなどで傷口を抑えて止血しつつ、速やかに病院へ行きましょう。病院では状況を見て外傷部の縫合、エリザベスカラーの装着、抗生物質やかゆみ止めの処方などがされます。

オカメインコに限らず、小鳥は体が小さいですから、わずか5~6滴の出血でも大量出血です。

ほんの2~3滴でも体調を崩す場合がありますし、玉のようにしたたり落ちる出血の場合は命の危険もありますので、必ず病院に行ってください。
 
 
 
スポンサーリンク