pickup

オカメインコ

オカメインコはなつく?なつかない?ベタ慣れオカメの作り方を考察!

オカメ男子は甘ったれ、オカメ女子はツンデレ・独立独歩なキャラが多い→人間に近い!? 普段見ていても、オカメ女子のキャラは一人遊び上手な子が多いです。 ちゃんと、しっかり!なつくにはなつきますよ。 でも男の子...
オカメインコ

オカメインコルチノーが黒目?パール?赤目?ルチノーっぽい色変わりは4種類いるという話

オカメインコの一番人気品種「ルチノー」はほっぺがオレンジ・体がクリーム白のオカメインコ 厳密に言うと、オカメインコのルチノーには2品種あります。 一般的に「ルチノー」と呼ばれるのは、ほっぺがオレンジ色のこの↓オカメインコ。 ...
オカメインコ

【鳥のアクリルケージ】オカメインコの保温 脂粉対策 防音 看護病棟としての正しい使い方

アクリルケージがいちばん活躍するのは病気や体調不良時の看護病棟に使うとき 例えばオカメインコが羽を膨らませてあまり動かないとか、どう見ても餌をあまり食べてないようだ・・・などというとき、まずやるべきことは病院を受診する前に保温...
オカメインコ

【オカメインコの鳥かご】hoei465オカメステンレスがおすすめ!亜鉛中毒死を防ぐケージを選ぼう

オカメインコのケージサイズは465以上 オカメインコは尾羽が長く、全体長は30センチ前後あります。 この種の特徴ですが、オカメインコもくちばしの力が強く、かじるのが大好き。 ですから当然、ケージ選びもその性質を考え...
オカメインコ

【オカメインコの病気のサイン】病気を隠す鳥の演技はこうして見抜け!

病気を隠す鳥の演技を見抜くいちばんシンプルな方法  オカメインコに限らず、鳥はケガや病気を本能的に隠そうとする習性がありますので病気のサインを早期に発見するのは意外と難しいです。 鳥の体は羽毛で覆われていますので、痩せて...
オカメインコ

【オカメインコの病気】突然死の死因の多くは急性心不全!とあるオカメの心疾患闘病記

小鳥の心疾患の診断は難しい! 小鳥も人間と同様に、循環器(心臓)の病気があり、小鳥の心疾患は聴診やレントゲン検査、超音波検査、心電図などで診断されます。 実は飼い鳥の心疾患は専門家でも未だよくわからないことが多い分野です...
オカメインコ

【オカメインコの保定】鳥の保定で安全な「ビール瓶保定法」を飼い主は日頃から練習しておこう

飼い鳥の保定、チョークこそ正当技! 正しい保定法   獣医師や動物看護師が診療時に動物を抱いたり、押さえたりして動きを抑制することを「保定」といいます。 保定は「動物および人への安全」や「施術者へのやりやすさ」を確保するため...
オカメインコ

【オカメインコの餌】シードとペレットどちらがおすすめなのか問題!

オカメインコの餌はシードとペレットおすすめはどっち問題!   シード(種子) 市販のシードには皮付き・皮むきの2タイプがありますが、ここでいうシードは全て「皮付き」かつ着色されていないものを指します。 皮がな...
オカメインコ

【オカメインコの爪切り】必要?爪の切り方 止血法 嫌がる時の保定方法

オカメインコに限らず飼い鳥には爪切りが必要 オカメインコの爪は小さいけれど、飛び立つときにはスパイク、着地するときはストッパーの役目を果たしています。 野鳥であれば、自然と研がれていくので爪切りは必要ありませんが、ケージの中で暮...
オカメインコ

【オカメインコの日光浴】ライトか網戸越しで!時間は?卵詰まりは日光浴不足で起こる!?

  オカメインコも人間と同じく、日光にあたることでビタミンDを身体内に作り出します。 骨を健康に育てるために、ビタミンDは必要不可欠ですが、室内で飼育されているオカメインコはビタミンD欠乏になっていることも少なくありません。 ...
オカメインコ

オカメインコの卵詰まりの症状と対処!原因は日光浴とカルシウム不足!?

鳥の産卵のメカニズム 左からシャチハタネーム印、ヒメウズラ卵、オカメインコ卵、ジュウシマツ卵     卵の重さは例外もありますが、一般的には体重の3%といわれます。 ヒメウズラは体重が50グラム、オカメは100グラムな...
オカメインコ

【ネクトンS】正しい保存方法と与え方!ネクトンを冷凍保存!?冷蔵庫保管がそもそもNG!

ネクトンSってなに? ネクトンsは、小鳥用にビタミンやミネラルを配合した水溶性栄養補助食品です。 上の写真の 小さい方の容器はネクトンSの150グラム。大瓶の方はその5倍量の750グラム。 ペレットを食べている小鳥ならこう...
オカメインコ

【オカメインコの雛】餌 成長 育て方と雛のお迎えはいくらかかる?

オカメインコは寿命が15〜20年と長く、人懐っこい性格の鳥です。 特に手乗りインコは可愛いらしく、自分で飼育するなら手乗りにしたいという人は多いと思います。 そして手乗りにするならヒナの時から育てるのが、なつき方や信頼度...